肌トラブルは食べ物で治す! 美肌に効く食べものとは?


「メイクをしようと鏡を見るとお肌にポツポツが……」そんな経験はありませんか?
お肌が荒れているとどんなにおしゃれをしてもメイクをしても、なんだか自信が持てないもの。

そこで、美肌に効く食べ物についてご紹介します。
バランスの良い食事で美肌を手に入れましょう。

乾燥肌に効くビタミンA




「お肌がカサカサしてしまう」「気がついたら粉がふいた状態になっている」そんな乾燥肌の悩みを解決する栄養素はビタミンAです。
ビタミンAは鶏のレバーやにんじん、ほうれん草に多く含まれています。

手軽にできるおすすめのメニューは鶏のレバー煮とほうれん草のおひたしです。
作り置きして毎日少しずつ摂取することをおすすめします。



毛穴の開きやアブラ肌に効くビタミンB1、B2

「お肌がテカテカしている」「毛穴が気になる」そんな悩みを解決する栄養素はビタミンB1、B2です。

ビタミンB1やB2は豚肉や玄米、レバーや卵に多く含まれています。
手軽にできるおすすめのメニューは豚のしょうが焼きや卵焼きです。
生姜で冷えの解消にもなり、玄米ご飯と一緒に食べると効果もアップします。
手軽にでき、家族も喜ぶメニューなのでとてもおすすめです。

くすみに効く鉄分



「肌の色がくすんでみえる」「老けてみえる」そんな悩みを解決する栄養素は鉄分です。

鉄分はひじきやあさりに多く含まれています。
手軽にできるおすすめのメニューはひじきの煮物やあさりの味噌汁です。
ひじきは作り置きにも適したメニューなので毎日1品に加えることをおすすめします。


シワに効くビタミンA、C、E

「知らない間にほうれい線が」「おでこのシワが気になる」そんな悩みを解決する栄養素はビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。
ほうれん草に多いビタミンAや、柑橘系に多いビタミンC、アボカド、アーモンドに多いビタミンE。
これらは単体でメニューになりにくいため、特に気をつけて摂取することが必要です。
普段の食事にプラスして取るように心がけましょう。

肌荒れには、生活習慣がとても大きく関係しています。
いくら美肌に良いといわれる栄養素を摂るように心がけていても、栄養のバランスが偏ってしまったのでは美肌にはなれません。

例えば、食事に揚げ物やファースフードを多く摂取する方や、お酒や甘いものを過剰に摂取する方は要注意です。
美肌だけではなく健康にも悪影響をおよぼしてしまいます。
外食が多くなる方は、時々は自炊して健康管理を行いましょう。
美と健康は規則正しい生活を送ることで手に入れることができるのです。