老け顔の原因!目の下のクマの原因と改善方法とは?


睡眠不足が続いたり、疲れがたまっている時にふと鏡を見たら目の下にクマがくっきり!なんてことはありませんか?

クマがあると顔色が悪く見え、実年齢より老けた印象を与えてしまいます。
なぜ目の下にクマができてしまうのか原因を知って、改善していきましょう。

クマには種類がある!


クマの原因は大きく4つに分けられます。

まず1つは目の疲れや睡眠不足で血行不良になりできる「青グマ」です。
2つ目は色素沈着による「茶グマ」、3つ目は目の下の皮膚のたるみによる「黒グマ」です。
黒グマは涙袋ではなく、目の下のふくらみが垂れ下がったようになってしまいます。
4つ目は目の下がくぼんでしまってできる「くぼみグマ」

ではそれぞれの原因と改善法を見て行きましょう。



青グマの原因と改善方法

寝不足やストレス、体の冷え、また長時間スマホやパソコンを使って目を酷使すると、目の疲れから血行不良が起こります。
目の下は皮膚が薄いので、肌が白い人特には青グマが目立ちやすいです。

青グマはとにかく目を休め、温めることが大事です。
ホットタオルを10分ほど目の上に置いて温めたり、眼球をぐるぐるまわす運動をしたりして血行をよくしましょう。

茶グマの原因と改善方法



茶グマはアイメイクを落とさずに寝ることが多い人や、よく目をこする人ができやすいクマです。
また、紫外線肌のターンオーバーの乱れでメラニン色素が増加し、くすみや黒ずみとなってしまうこともあります。

色素沈着してしまうとなかなか改善は難しくなります。
コラーゲンやプラセンタが含まれたスキンケア用品を使うと、肌のターンオーバーが促され、メラニンを撃退することができると言われています。
これ以上悪化しないようにUVケアも忘れないようにしましょう。


黒グマの原因と改善方法



黒グマの原因は脂肪のたるみです。
青グマや茶グマと違い、目の下の脂肪がたるんで影ができ、クマのように見えてしまっている状態が黒グマです。

黒グマを撃退するためには、コラーゲンをたっぷり摂取して、肌にハリをもたせましょう。
そうすることで徐々にですがたるみや影が改善されていきます。


くぼみグマの原因と改善方法

目の下の脂肪がなくなりくぼんでしまってできるくぼみグマは、加齢が原因です。
年齢を重ねるとだんだん目の周りの脂肪が落ちてでこぼこができ、くぼみと影ができてしまいます。
これも黒グマと一緒でコラーゲンをたっぷりとり、目の下をふっくらさせる必要があります。

クマはこまめにケアしていかないと、気づいたときには頑固なクマとなってしまい、5歳も10歳も老けて見えるようになる恐れがあります。
自分はどのタイプのクマなのかを把握して、それぞれのクマに合ったケアをするようにしましょう。