冬の乾燥対策にオススメ!「ホットタオル美容法」


冬は1年で一番お肌が乾燥してしまいやすい時期。
暖房のために室内は非常に乾燥しやすく、油断するとすぐに肌の水分が失われてしまいます。

しかし気温が低いため毛穴は閉まり、いくら保湿するための基礎化粧品を使っても効果が現れにくいという側面もあります。
そんな悩める冬の乾燥にオススメなのが「ホットタオル」で保湿・保温すること!

今回は冬の乾燥についての説明と、「ホットタオル」で保湿ケアをする方法をご紹介します。

甘く見ちゃダメ!冬の乾燥


冬は室内の湿度は、放っておくと20%以下にまで下がってしまうほど乾燥しています。

お肌表面の水分は、肌を外的刺激から守ってくれるバリアのような役割をしてくれますが、乾燥によってお肌の水分が不足してしまうと刺激から肌を保護することができなくなってしまいます

この乾燥を放置しておくと、紫外線などからのダメージを肌に直接受けてしまうためシミができたり、どんどん肌の角質層が硬く剥がれやすくなることで肌が老化しシワの原因になってしまうことも…。

そんな深刻な肌トラブルになってしまう前に「ホットタオル」を使った効果的な保湿ケアを取り入れ、肌の水分を保ちましょう!



ホットタオルの作り方

ホットタオルは「蒸しタオル」とも言いますが、蒸すのは大変なので電子レンジで簡単に作る方法をご紹介します。

①タオルを2つ折りにしてくるくると巻いておしぼりのような形にしたら、水につけしっかりしぼる。
②ラップやレンジ対応のビニール袋などに入れてレンジで30〜60秒ほど加熱する。
(ラップや袋に入れなくても大丈夫。その場合はレンジの熱でタオルが乾いてしまうので、気持ち緩めにしぼると良いです。)
③人肌より少し暖かいくらいに冷めたらOK。

使用時間は30秒くらいでも充分ですが、長く使いたい場合は5〜10分くらいまでなら大丈夫。
熱すぎるタオルは皮膚に負担をかけてしまうので、毎回きちんと温度をチェックしましょう。

こんなことに効果的!



冬は気温が低いので毛穴が開きにくいのですが、このホットタオルをすると毛穴が開くので、化粧水や美容液の保湿成分が浸透しやすいのです。
保湿効果のある基礎化粧品をホットタオルの後に使用することで、効果的に肌へ潤いを補うことができるようになり冬の乾燥には特にオススメ。

またホットタオルによって血行が良くなるので、目の下のクマの予防や改善にも効果的です。
そしてホットタオル後の保湿ケアは早めが◎。
皮膚温が高いうちのほうが美容保湿成分の浸透率が高いですし、ホットタオル後のお肌は毛穴が開いていて乾燥しやすいので、早め早めの保湿ケアを意識しましょう

ホットタオル美容法は寒い冬にやると気持ちもよく、リラックス効果ストレスを緩和する作用も期待できます。

冬の厳しい寒さと乾燥にさらされ、毎日頑張っているお肌と自分にご褒美をあげる意味でも「ホットタオル」美容法をぜひ日常に取り入れて頂ければなと思います。
お家で簡単にできますので、特別疲れた日などにはぜひお試しくださいね。