Q,夏と言えば? A,【紫外線予防】&【日焼け後のケア】



紫外線が多くなるこの季節、紫外線対策が欠かせませんよね?
しかし、あなたの紫外線対策は、本当に万全ですか?

・「紫外線対策したつもり…」になってしませんか?
・「黒色のサングラス」を選んだことで安心してはいませんか?

うっかりしてしまいがちな紫外線対策をご紹介するとともに、紫外線を浴びてしまった場合の日焼け後のケア方法もご紹介したいと思います。

紫外線は、体のさまざまな部分にダメージを

外出する際に、日焼け止めクリームなどを塗ることは紫外線対策として基本と言えますよね。
その際、顔だけに塗って安心してはいませんか?

紫外線は顔だけでなく全身に降り注ぎます
例えば、紫外線により頭皮が傷つけば、抜け毛を招くことがあります。
瞳が傷つけば、白内障の原因となります。
長年、紫外線を浴び続けることで悪性の腫瘍が出来る、皮膚ガンになる、などの可能性もあります。
紫外線による日焼けというと、肌へのダメージとしてシミやシワが取り上げられがちです。

さらに紫外線を浴びすぎることで、肌の水分が蒸発する、肌のバリア機能が低下する、肌荒れやかぶれをおこしやすくなる、紫外線の侵入を防ぐために角質が厚くなりくすんだ肌になる、ということも言われています。

身体を健康状態で保つためにも、日頃からの紫外線対策は欠かせないと言えますね。



紫外線予防方法の見直しをしよう!

あせもになりやすい汗があるのをご存知でしょうか? 
最初にお話しした「黒い色のサングラス」の勘違いについてお答えしましょう。

黒いサングラスは瞳孔を開かせてしまいます
サングラスを選ぶ際のオススメは、薄い色です。
そして、大きめのレンズです。レンズが小さいと効果が半減してしまいます。

サングラスに抵抗がある方は、メガネやコンタクトレンズにUV加工を施したものを利用するのも一つの方法です。
ちなみに、服の場合は白色よりも黒色の方が紫外線対策として有効です。
日傘は、上半身をほぼ紫外線から守ってくれるのでオススメです。

しかし男性やお子さんなどは常に日傘を使うことは難しいと思われます。
その際には、ぜひ帽子を被るようにしましょう。
野球帽のような前面だけを守るものだけではなく、麦わら帽子のようなツバの広い
幅の広い帽子を被ることで、紫外線を予防する効果は高まります。

外に洗濯物を出すなどのちょっとした紫外線を防ぐにも、帽子だと手間暇かからず簡単に紫外線対策になりますよね?
日傘や帽子を被れば完璧かという、そうではありません。

アスファルトや横にある壁などから日差しが反射することで紫外線を浴びてしまうので、 アームカバーをする長袖を着るなどして、
出来るだけ紫外線を肌にあてないようにしましょう!

日焼けしてしまった後のケアとは?



どんなに紫外線の予防をしっかりしても、うっかり日焼けをしてしまうことだって、ありえます。
そこで日焼けしてしまった後のケア方法をお伝えしましょう!
日焼け後は、軽いやけどを負った状態と同じと言えます。
出来るだけ早いケアが必要となります。

そこでまずは、日焼け止めなどをキチンと洗顔で落とすことが大切です。
その際は、ゴシゴシとこするのではなく、泡を立ててその泡を転がすように洗って下さいね。
すすぎも肌に負担のならないように優しく行いましょう。
そして欠かせないのが保湿です。
ダメージを受けた肌は、保水力を失い乾燥します。

そこで、ヒアルロン酸など保水力が高い化粧水やローションを肌に染み込ませましょう。
肌にたっぷりと与えるようにしましょう。

その後に、氷水でしぼったタオルなどで、しっかりと日焼けした部分を冷やします
赤みがある場合は、赤みがおさまるまで行いましょう。
患部が冷たくなるまで、この二つを繰り返し行います。

このようにしっかりと紫外線対策と、日焼け後のケアをきちんと行うことで肌の状態が
保たれます。
ぜひ、この夏の紫外線対策として役立てて下さいね!

夏のダメージを受けたお肌には、MR化粧品の中でもMRパックで十分な保湿を行い
集中ケアとしておすすめ致します。

MRパック
http://www.mr-series.net/goods/m_pack.html








ページの先頭へ戻る