どうして大事なの? 「保湿」の重要性について


みずみずしく若々しい肌を保つためには保湿が欠かせないもの。
そのことは、みなさん当然理解していらっしゃると思いますが、どうして保湿がそんなに大切なのでしょうか。
肌にとって「保湿」がどんな意味を持つのか、その重要性についてご紹介します。

保湿の重要性① 肌のバリア機能を正常に保つ








皮膚には、外界の刺激や異物の侵入から身体を守る役割があります。
いわゆる肌の「バリア機能」ですね。
このバリア機能は、皮膚表面の皮脂と角質層の働きです。
角質層では細胞同士がくっついて水分の蒸発を防ぎ、外部から異物や水が入ってこないようにしています。

そしてこのバリア機能を低下させる理由のひとつに「乾燥」があります。
バリア機能の低下は、小じわやくすみ、紫外線によるシミや外部刺激が原因の大人にきびなど、さまざまな肌トラブルの原因になります。

保湿の重要性を語る上で、「肌のバリア機能を正常に保つ効果がある」という点はもっとも注目すべきポイントのひとつでしょう。


保湿の重要性② 一時的に皮脂が落ちた時にもカバー

皮脂が多すぎると、テカリの原因になるだけでなく、汚れが付着しやすくなってしまいます。
かといって少なすぎると肌のカサつきザラつきの原因になってしまいます。
皮脂には保湿の役割があるのです。
油膜でフタをして水分蒸発を防いでいるのです。

この皮脂ですが、熱いお湯に長時間つかったり強めの洗顔をしたりすることによって、一時的に落ちてしまうことがあります。
そういう時には角質層がハダカの状態になり、バリア機能が弱まってしまいます。

でも、肌が十分に保湿されているとバリア機能をカバーできます。
保湿の重要性はそういう際にも現れるのです。

保湿の重要性③ ターンオーバーを正常に保つ



乾燥した肌はターンオーバー(新陳代謝)が乱れます。

細胞に潤いがあっていきいきしていないと新しいものと入れ替わる速度が遅くなってしまうのです。
また、乾燥によって角質が硬くなると、化粧水などの成分も染み込みづらくなってしまいます。

加齢にともない肌は乾燥しやすくなるため、年齢を重ねるほど保湿の重要性は高まります

保湿の重要性を意識したスキンケアを!





肌本来の機能を保ち、すべすべウルウルの美肌を保つためのスキンケアをご紹介します。

洗顔はぬるま湯で優しく、熱いお湯で乱暴に洗うのはNGです。
皮脂も流れ去り、角質も痛みます。

1,洗顔はぬるま湯で優しく
熱いお湯で乱暴に洗うのはNGです。皮脂も流れ去り、角質も痛みます。

2,洗顔後は化粧水で保湿
洗顔したあとは肌が乾燥しやすくなっています。それに化粧水の成分がいくぶん浸透しやすい環境になっています。

3,保湿クリームでフタをする 化粧水を使ったら蒸発していかないように保湿クリームでフタをします。

4,空気の乾燥・高温に注意
冬の強い風や夏の高温は肌の水分を奪います。
部屋の加湿や日焼け止め、日傘などのさまざまな方法でスキンケアに注意を払っておきましょう。
肌に直接触れるもの以外のスキンケアを併用すると効果が高いです。