背中ニキビの対処法






背中ニキビは自分では見えないので気づきにくいのですが、いざひとに見られるという場合はだいたい見られたくないときですよね。
なんとか無くしたい背中ニキビ、その原因と対処法について考えていきましょう。

背中ニキビ▼汗・寝汗


汗で背中が長時間濡れていると背中ニキビができやすくなります。
とくに仰向けで寝ている人は要注意です。

対処法汗をかいたままの肌着、下着を長時間身につけない。
パジャマなどを吸水性のよいものに変える。




背中ニキビ▼洗剤・柔軟剤


洗濯物に残ってしまった洗剤や柔軟剤が汗などで蒸れて浮き上がり、それが肌に合わないと背中ニキビの原因になることがあります。

対処法よくすすぐ。
肌に良いものに変える。



背中ニキビ▼シャンプー・整髪料


洗い残しのシャンプーや整髪料が背中に触れているとニキビの原因となります。
髪の長い人だけの話ではなく、ショートヘアの人もシャンプー成分が肌に残っているのはよくありません。

対処法よく洗い流す。
シャンプー後で髪を乾かすとき、髪と背中の間にタオルをはさんでおく。


背中ニキビ▼日焼け


日焼けとニキビは関係無さそうですが、日焼けすると肌が硬くなります。
老廃物を排出しにくくなり背中ニキビの原因となります。

対処法日焼け止め(SPF値が高すぎるものは肌への負担も大きいので避ける)、ビタミンB群やビタミンCを取る。
保湿する。


背中ニキビ▼食事


顔のニキビと同じように甘いもの、糖分の多いものは背中ニキビの原因にもなります。

対処法食生活の改善。
糖分を摂り過ぎないなど。
ナッツ類、辛いものなども要注意。


背中ニキビ▼乾燥肌


乾燥肌の人は、本来は垢として落ちるはずの古い角質が落ちきらず、毛穴を塞いでしまうことがあります。
これが背中ニキビの原因になります。

対処法保湿。
入浴時にやさしくきれいに洗う。


背中ニキビ▼ストレス


ストレスも背中ニキビの原因になります。 人間はストレスを感じると緊張状態になります。
緊張状態では血流が悪くなり男性ホルモン過多な状態になります。
すると皮脂が余分に出てしまい、背中ニキビにつながるのです。
余分な皮脂、この場合は脂汗と呼ばれるものですね。

対処法ストレス原因を取り除く。
リラックスする。
皮脂を洗い落とす。


まとめ 背中ニキビの対処法


背中ニキビの原因はアクネ菌です。
不潔で湿った状態になるとアクネ菌は元気になります。
背中ニキビへの基本対処法は3つです。
脂肪や糖分を摂り過ぎないこと。
8時間を目安によく寝ること。
ビタミンB2、C、A、Eを取ること。


端的に言ってしまうと健康的な生活をしようということになってしまいますが、それは背中ニキビだけでなく総合的に身体にいいことになりますね。









ページの先頭へ戻る